JA都城
 
 

金融円滑化にかかる取組状況および今後の対応方向
並びに開示・行政庁報告の実施について

 
都城農業協同組合
代表理事組合長 久保 順一

(2013年5月10日)
 
  1. これまでの取組状況について

    (1)体制整備の状況について 
      a  方針・規程・マニュアル等の整備
      b  体制の整備
      c  組合内周知・研修の実施

    (2)申込と対応状況について(24年10月〜25年3月末までの状況)
      a  申込件数および金額(実行・謝絶・取下げ・審査中)
      b  謝絶および取下げ案件の概要
      c  条件変更を行った貸出先への経営改善計画作成支援の取組状況
      d  利用者からの苦情の件数および内容

  2. これまでの取組みにかかる課題と今後の対応について

    (1)これまでの取組みにかかる課題

      期間延長の新規申込み希望が2件あり関係機関と協議の上1件対応、1件については制度上期間延長が
     出来ない旨の説明を申込者に行い承諾のうえ取り下げとなった。今期間においては住宅ローンの期間延長の
     新規申込申込みの案件が1件あり対応した。

    (2)今後の対応方向について

      「金融円滑化法」の期限到来後も顧客の対応については期限到来前と変わることはない。
      期限到来に伴い、「金融検査マニュアル」の「金融円滑編チェックリスト」において金融円滑化法に係る記載の
     削除および法の趣旨を踏まえた項目等の改正がなされたことに伴い「金融円滑化にかかる基本方針」、
     「金融円滑化管理規程」の一部変更を行う。

  3. 金融円滑化法に基づく開示・報告の実施について

    法第4条・法第5条に基づく措置の実施状況
以上
 
 
PDFファイルをご覧頂くにはAcrobatReaderが必要です。 こちらから最新の AcrobatReader がダウンロードできます。 Adobe Readerのダウンロード
 
 
Copyright (c) JA Miyakonojyo All Rights Reserved.